スーパーサラリーマン左江内氏(日テレ土曜ドラマ)のキャストやあらすじ!

2017年1月から始まる堤真一さん主演のドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』日本テレビの連続ドラマは1月14日からはスタートします。

『ドラえもん』『パーマン』等で知られる漫画家藤子・F・不二雄原作さんの連載マンガといえばアニメ化や映画化がされていないものはないんじゃないだろうかという印象ですが、唯一の大人ヒーロー物語漫画『中年スーパーマン左江内氏』が今回初めて『スーパーサラリーマン左江内氏』としてドラマ化されるという珍しい作品です。

脚本・演出は『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一さんです。

ストーリー 第1話のあらすじ

サラリーマンの左江内(堤真一)は52歳。
会社では係長であるが責任を取るのが大の苦手で、部下にはあきられる始末。家庭でも妻の円子(小泉今日子)や二人の子供、はね子(島崎遥香)もや夫(横山歩)信頼されていないサエない中年男。
ある日、怪しい老人(笹野高史)から「スーパーヒーローにならないか?」声をかけられる。

無視しようとするが付きまとわれて無理やりゆずり渡されたスーパースーツにより、“スーパーヒーロー”としての使命を背負う羽目になる。小心者の左江内にはなんとも負担だが、鬼嫁の円子に娘の弁当を届けるように命じられてスーツを着て飛び出してしまう。
以来、誰かが助けを求める声が左江内の耳に届きスーツが危険を察知する度に出動することになる。

妻に叱られ、子供たちにもなめられ、家庭の平和も守れないのに、地球の平和を守る。どんな事件を解決しても左江内の活躍は人々の記憶に残らず、刑事の小池(ムロツヨシ)らの手柄になってしまう。そんな中年の星を、ドラマ「勇者ヨシヒコ」の福田雄一の脚本・演出で現代に蘇らせてくれる。

日テレの土曜9時枠といえば「妖怪人間ベム」や「怪物くん」など往年の名作マンガや名作アニメが原作の作品をドラマ化して、ヒットさせてきているのでこの作品もヒットする可能性は非常に高いと予想されます。

日テレ公式チャンネル PR動画第3弾

キャスト

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
左江内・さえない(52)役
堤真一(つつみしんいち)
平凡な妻子あるサラリーマンで、部下にも頼られない係長
【Comment】スーツを試着して「なんて格好させるねん」と(笑)でも、それはど嫌いじゃないかもしれません。
堤真一さんは2005年に公開された映画『ALWAYS 三丁目の夕日』では、見事な演技が評価され、第29回日本アカデミー賞にて最優秀助演男優賞を受賞されたように数々のドラマで素晴らしい演技を披露しています。
[/wc_box]
[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
円子・えんこ(50) 役
小泉今日子(こいずみきょうこ)
左江内の妻で夫は信頼せず、子供を何よりも優先している鬼嫁。
【Comment】どうやら鬼嫁だそうです。個人的には、完全なるミスキャストだと思っています(笑)

1982年にアイドルとしてデビューし様々な曲を出し、女優としても数々のドラマや映画に出演しています。映画「踊る大捜査線」で猟奇的殺人を犯した犯人を演じていました。なかなかのインパクト…
[/wc_box]
[/wc_column][/wc_row]
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
はね子・はねこ(16)役
島崎遥香(しまざきはるか)
父をウザがり“塩対応”をする、プチ反抗期の女子高生という役どころ。
AKBのなかで”塩対応”であるとして有名な「ぱるる」こと島崎遥香、2016年12月31日でAKBを卒業しこれから本腰を入れて女優業に励もうという勢いを感じますね。
2016年はドラマ出演は『警視庁 ナシゴレン課』『AKBラブナイト 恋工場』『ゆとりですがなにか』
【Comment】「朝の機嫌が悪くて……昔の自分を思い出すかのようで恥ずかしいです(笑)」

AKBのなかで”塩対応”であるとして有名なぱるるですが、このドラマでも堤真一演じる父に、そんなしょっぱい態度をみせているそうです。
[/wc_box]
[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
左江内・もや夫(8)役
横山 歩(よこやま あゆむ)子役
小生意気で父親をなめている息子。わりとイベントごとに燃える。
2014年の子役デビュー以来、数多くのドラマに出演、この年齢層の男の子役の中では、もっともブレイクしているといっても良く現在レギュラー出演作も多い8歳の子役です。
[/wc_box]
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
他の出演者も豪華メンバー

ムロツヨシ 賀来賢人 早見あかり 中村倫也 福島マリコ 富山えり子 金澤美穂 犬飼貴丈 佐藤二朗 笹野高史 高橋克実
[/wc_box]
[/wc_column][/wc_row]

スタッフ

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
脚本・演出:福田雄一
[/wc_box]
「勇者ヨシヒコ」「アイノホノオ」映画「俺はまだ本気出していないだけ」
[wc_highlight color=”red”]【Comment】[/wc_highlight]自分の部屋に一番最初にポスターを張ったアイドル、キョンキョンとご一緒できる!これが最大の2つの幸せです!
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
音楽: 瀬川英史
[/wc_box]
「勇者ヨシヒコ」「アイノホノオ」映画「ビリギャル」
主題歌は   「Happy?」
アーティストは三代目J Soul Brothers。
[wc_highlight color=”red”]【Comment】[/wc_highlight]今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBU)さん
悩み事だったり心に秘めているネガチブなことをすべて取っ払って、一緒に楽しみながら幸せになろう、未来を切り開いていこうという思いを込めて、作詞家の小竹正人さんと一緒に歌詞を書かせていただきました。

彼らの曲がドラマの主題歌になるのは2013年、フジテレビで放送されたドラマ「ハニートラップ」で書き下ろされた主題歌「SO RIGHT」以来3年ぶり。
[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]
プロヂューサー:高 明希 柳内久仁子
制作協力:日テレアックスオン
制作著作:日本テレビ
[/wc_box]

まとめ

日テレの土曜9時枠といえば「妖怪人間ベム」や「怪物くん」など往年の名作マンガや名作アニメが原作の作品をドラマ化してヒットさせてきているので、この作品も上手にドラマ化されるのだろうと予想されます。